開催期間

2020年11月18日(水)/19日(木)

日程・スケジュール詳細

開催場所

東京国際フォーラム

会場・アクセス詳細

主催

(公財)北播磨地場産業開発機構

ホームページへ

公式facebookページ

facebookページへ

プレ素材展

JFW TOKYO

トップページ > 会場・アクセス > 北播磨地域について

北播磨地域について

播州織の原風景を感じて下さい

北播磨地方について

澄んだ空気に浮かび上がる、
鮮やかな青と緑のコントラスト。
360度、見渡す限り連なる山々からあふれ出る緑に、
高い、高い青空がつながっています。

兵庫県の中央部に位置する播州平野。
その東南端から広がる北播磨地域が、播州織の産地です。

加古川をはじめ杉原川、野間川など
とうとうと流れる清流の恵みが支える、播州織。
地場産業を230年もの長きにわたり育み続ける、豊かな自然がお出迎えいたします。

北播磨地域の紹介

北播磨地方について

西脇市
東経135度、北緯35度の交差地があり、日本列島のほぼ真ん中に位置することから「日本のへそ」という愛称がついています。交差地のある「日本へそ公園」や、特産品の「黒田庄和牛」、ご当地グルメの「播州ラーメン」が味わえます。

加西市
国内最大級のチューリップ園をはじめ、四季折々の花が楽しめる「兵庫県立フラワーセンター」があります。また、市内には「五百羅漢石仏」や「法華山一条寺」、「鶉野飛行場跡」などの観光スポットが多くあります。

加東市
市内を流れる加古川の川底いっぱいに奇岩・怪岩が起伏した「闘竜灘」。鮎の名所としても有名で、シーズンには多くの釣り人が鮎釣りを楽しみます。また最高品質の酒造好適米「山田錦」が収穫でき、各地の蔵元に出荷され、おいしい日本酒が造られています。

多可町
日本棚田百選にも選ばれている「岩座神の棚田」や西日本最大級の規模を誇る「ラベンダーパーク多可」があります。旨味が強く弾力ある歯ごたえが特徴の「播州百日どり」も有名です。

播州織の歴史への祈りと感謝を捧げて

北播磨地方について

年に一度、機殿神社で執り行われる「織物感謝祭」は織物産地ならではの神事。染め糸奉納や、巫女装束をまとった女性が機織り機に糸を通して手織りする製織の儀を行い、播州織産地の活性化と発展を祈ります。

5月3日に開催される「岡之山まつり」は播州織の礎を築いた「飛田安兵衛翁」の功績を称えるお祭りで、播州織の振興や家内安全・無病息災を祈願するための護摩供養が行われます。


播州織総合素材展2021 出展企業
in JFW JAPAN CREATION 2021

Japan Fashion Week TOKYO