トップページ > 出展企業紹介 > 遠孫織布株式会社

遠孫織布株式会社

播州織の機屋から「播州の」機屋へ 新たな発信空間からアピールを

遠孫織布株式会社
遠藤由貴さん

遠孫織布株式会社

遠孫織布さんから発信されるジャカード織は、どれも斬新ですね

ャカードの柄だけで言えば、できることはほぼやり尽くした感があります。
糸の組合せにもいろいろな工夫を凝らしてきました。じゃあ次は何を?
新しいこと、何かこれまでと違うことって何だろうと模索中です。
展示会に出展する目的は、生地を見た人にイメージを膨らませてもらうこと。
ついつい、相手の好みに合わせて作ってしまいがちですが、見本を見た時『じゃ、こんなのもできる?』と、そこから新たなイメージを沸かせてあげられるものを生み出したい。遠孫織布ができることはコレなんだなと、イメージを固めてしまいたくないんです。
だから、できる限りオリジナル生地を展示してアピールしたい。播州織より播州の機屋として、"遠孫の生地"として売ってゆきたいと思っています」

遠孫織布株式会社

ショールームが間もなく完成します

地へ遊びに来た方や、播州織の生地を探しに来た方が、立ち寄った先で紹介されて工場に足を伸ばされることが増えてきました。 そんな個人のお客様にもきちんとPRできる場や、販売できるものを価格も含めて整えようと思ったんです。 ご近所の方でさえ『隣の工場は何を織っているんだろう?』と、きっと思っているはずです。_地元で工場縞(こうばじま)と呼ばれていた昔の播州織から、今はずっと進化しているんだと、まずご近所から発信したいです 」

遠孫織布株式会社

先染再・新発見"motto cotton"

遠孫織布株式会社
機屋を未来へ残すために、
現場からの"再発見"

「製織の現場は高齢化が進んでいます。機屋が減るんです。
このままモノが作れなくなっていくとどうなるんだろう? 産地を産地として残すために、どうしたらいいんだろう? 
そんなことを考える機会が多いんですが、そのためにはまず工場や現場が、若い人たちのやる気をもっと伸ばしてやらないとダメだと思います。
魅力のある仕事なんだと伝えながら、若手を育てる意識と方法を現場が持たないと。現場が変わらないといけないですね」

出展企業情報

出展企業名 遠孫織布株式会社(えんまごしょくふかぶしきがいしゃ)
所在地 兵庫県西脇市高田井町938
TEL 0795-22-2704 FAX 0795-22-0993
web site   E-mail enmago@muse.ocn.ne.jp
代表者 遠藤 由貴 出展担当部課  
営業品目 織布業
会社紹介 全織機にジャカード機を搭載し、5mからの注文にも対応しています。製品展開はせず、テキスタイルにこだわった織物工場です。

播州織総合素材展2016 出展企業